可能性はあるが、症状は該当しない

まず、第一に辿り着いたのが過敏性腸症候群です。

これは、検査をしても潰瘍などの異常が無いにもかかわらず腹部不快感が続くというものですが、関連して良く起こるのは、下痢や便秘です。

また、起こしやすいタイプとして、以下のような点が私に当てはまります。

  • 神経質(笑)
  • コーヒーをよく飲む
  • ストレス(を感じているかもしれない)

下世話な話、私の場合、少し緩い便は出るのですが、下痢や便秘が繰り返されるような事はありません。

でも、便通が良くなったのは、毎日ヨーグルトを食べるようになってからで、それまでは、便秘を頻繁に繰り返していましたが、その時は、今のような右腹部の不快感はありませんでした。

なので、過去に過敏性腸症候群だったかもしれないとしても、その時には、持続的な痛みは無かったので、これが今起こっている事の原因だとは思えません。

これに関しては、いくつか受診した内科クリニックの医者も「便通異常が無いなら、違うかな」と言っておられました。